鹿児島のおいしい日常食材をお届け 農薬、原料表示、放射能測定 農薬、原料表示、放射能測定
 

あく巻【0.6kg】

価格: ¥500 (税込 ¥540)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星なし 4.0 (2件)

twitter

鹿児島県では3月から端午の節句あたりまで家庭の玄関先や庭先でこのあく巻が作られます。



あく巻

もち米と竹の皮を木灰汁に漬け込んだ後にそのもち米を竹の皮に包んで縛って長時間煮込みます。



あく巻

すると竹の皮をむくと中から琥珀色のプルンとしたお餅ができあがっています。

これにきな粉粉末黒砂糖をたっぷりつけて食べるのが鹿児島の人たちの古くからの端午の節句の習慣です。



あく巻 あく巻

包丁で切り分けるよりも竹の皮を縛ってある紐やタコ糸で写真のようにあくまきを縛るようにして切り分けるのが正統派の食べ方です。

木灰汁で煮込んでいますので初めて食べる際はその独特さな味と匂いに慣れないかもしれません。
しかし子供たち(移住した子供でも)にはなぜか好評です。

きな粉粉末黒砂糖は添付していません。別売りです。

鹿児島県産の木灰汁100%で大きなあく巻を真空パックしてあります。

約1ヶ月常温で保存できます。



あく巻

袋のまま15分くらい煮てからお召し上がりいただきますと、いっそう美味しくなります。

かたくなりますので冷蔵庫には入れないでください。(長期保存の場合は冷凍してください)


 

原材料 もちごめ(鹿児島県産)、木灰汁(木・汁ともに鹿児島県産)
内容量 約500g
賞味期限 約1ヶ月
冷暗所にて保存 ※冷蔵保存しないこと
製造元所在地 鹿児島県

お客様の声

ぶたねこ様 投稿日:2014年08月28日
おすすめ度:
あくまきは初めて食べました。大分のやせうまと勘違いしていました。
もちもちしていて切るときに難儀しましたがなんとかきりわけ黒糖ときな粉を混ぜ混ぜしたものにまぶして食べました。
歴史を感じる味を堪能しました。2つ買ったので母に1つわけてあげようと思います。
切った後に残りの分を竹の皮に包んで冷蔵庫に入れていても硬くならなかったのでよかったです。
OSKA様 投稿日:2014年03月03日
おすすめ度:
端午の節句でないけれど、桃の節句に食べてみようかなと思い、早速購入してみました。
HPの説明が分かりやすく、すぐできました!もっちもちです。
お味は…慣れるまでちょっと時間がかかりそうです。きな粉をまぶして甘ーく頂きましたが、後から苦味がほんのり。独特の匂いもあり、子どもたちも最初は食べたものの苦味を感じたら、もういいかなと言われてしまいました。
結構ズッシリなので、もう少し小さいサイズがあれば、良いかなと思います。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送日

3月26日(火)
13:00までの注文は

4月2日(火)発送
(出荷)予定です。


【営業時間】10:00~17:00
【定休日】土日祝日
【発送日】毎週火・金曜日
・火曜日発送⇒水曜日か木曜日のお届け
・金曜日発送⇒土曜日か日曜日のお届け

※ ご注文は各発送日の一週間前の火・金曜日13時に締め切りとさせていただきます。
(水曜日に発送がある場合も締め切りは1週間前の火曜日13時となります)

ページトップへ