• 鹿児島のおいしい日常食材をお届け
  • 九州野菜セット、九州食材、調味料取り扱い
  • 原材料表示、農薬をなるべく使わない、添加物、
  • 農薬、原料表示、放射能測定
  • 野菜や食材の美味しさと喜びをお届けします
 

かごしまんまだより

平成28年7月26日【熊本地震被災地支援活動報告】

【熊本地震被災地支援活動報告】
先週末(7/23)は、木山サテライトに冷凍庫を届けに行きました。

木山サテライトは益城町文化会館駐車場に臨時にできた民間ボランティアのベースです。
重機を扱える人や屋根工事ができる人などけっこうプロな方々が多く、倒壊家屋の片付けや屋根の補修や大切なものの運びだし等、住民さんの依頼に合わせて動いているボランティア集団で、め組JAPANをはじめ複数の団体が集まっています。

現地で必要な重機や機材等の貸出しをしたり金銭面で活動を大きく支えたりしているのは日本財団です。

しかしながら全国からの支援物資は木山サテライトへは届きません。
支援物資はあくまで被災地と被災地の住民さんに向けられたものだからです。

日本財団等から金銭面でのバックアップを受けているとはいえ、『自分たちのためのもの』や『高価で高品質な品物』はなかなか要請を出しにくくそして予算がおりにくいものです。

例えば『UVブラック土嚢袋』。
熊本では多くの家の屋根が損壊しました。

雨漏れを防ぐためブルーシートで屋根を覆い、ブルーシートが飛ばないように土嚢袋にガラや砂を入れてとロープで止めます。
支給される土嚢袋やロープは白色の普通のものなので、梅雨の雨や夏の日差しにやられてどんどん破れていき、また屋根の上で大変な作業をやり直ししなければならなくなりました。
雨や紫外線に強くて高価な『UVブラック土嚢袋』はなかなか支給されません。

また、熊本の中でも益城町は盆地で、夏はかなりの暑さ(というか痛いほどの熱い日差しです)になります。
屋根の上は目玉焼きが焼けるほどの熱を持ち、屋外作業は熱さとの戦いになります。

木山サテライトにも水やお茶の差し入れはたくさんあります。

でも炎天下での重労働を支えるキーンと冷えた氷や炭酸飲料がありません。
こういう『自分たちのためのもの』や『高価で高品質な品物』こそ、つらい作業を支えるモチベーションです。
休憩のときに飲むキーンと冷たいサイダーが、次の作業への意欲を支えるのです。

かごしまんま災害等支援基金ではこういうものを購入して届けています。

「益城町の屋根にある黒い土嚢袋は、かごしまんまさんから頂いたUVブラック土嚢袋なんですよ」と感謝されました。
冷凍庫も氷もサイダーも、真っ黒に日焼けしたボランティアの方々からとても喜ばれました。

嬉しいですね~ 心があったかくなりますね~

被災地のために頑張る木山サテライトを、これからも継続できる「無理のない」応援をしていきたいと思います。
(無理なく継続するために交通費・食費等の支援活動の日の諸経費は基金から使わせて頂いています)

どうか皆さん、これからも継続してかごしまんま災害支援等基金への「無理のない」ご支援をお願いします。

カレンダー
  • 今日
  • 出荷日(弊社出発日)

12月1日(火)
13:00までのご注文は
12月8日(火)出荷
予定です。


【営業時間】10:00~17:00
【定休日】水・土・日
【出荷日】毎週火・金曜日
・火曜日出荷⇒水曜日か木曜日のお届け
・金曜日出荷⇒土曜日か日曜日のお届け

※ ご注文は各出荷日の一週間前の火・金曜日13時に締め切りとさせていただきます。
(水曜日に出荷がある場合も締め切りは1週間前の火曜日13時となります)

ページトップへ