• 鹿児島のおいしい日常食材をお届け
  • 九州野菜セット、九州食材、調味料取り扱い
  • 原材料表示、農薬をなるべく使わない、添加物、
  • 農薬、原料表示、放射能測定
  • 新鮮な旬の野菜をお届けします
 

かごしまんまだより

平成25年3月19日(火) かごしまんまだより 【農業を元気にしたい】

平成25年3月19日(火) かごしまんまだより


この度はご注文いただき、ありがとうございます。商品は無事に届きましたでしょうか。
お届けした段ボールの中で野菜が凍ってしまっていたという報告が何件かあります。
もし凍っていたり、凍っていた形跡がありましたらお手数ですがかごしまんまとヤマト運輸に
ご連絡いただけますようお願い申し上げます。


鹿児島では今、菜の花があちらこちらで満開です。休耕中の畑、田んぼ、古墳のような丘、
道端、山のあぜ道、あちらこちらに菜の花が咲き乱れています。

菜の花からは菜種油がとれるので、鹿児島では戦前あたりまでは菜種油づくりが盛んでした。
しかし戦後、生活がどんどん豊かになり安くて便利なものが溢れていくにつれて
手間がかかる菜種油づくりは衰退の一途をたどりました。
今では鹿児島県内でも菜種油を製造しているところは数件となってしまいました。


また、小豆やニンニクや小麦なども鹿児島でつくっているというとびっくりされる方も多いですが、
これらも年々収穫高が減ってきていています。手間がかかるものを育てても販路がないからです。

そしてどんどんサツマイモ畑に変わっていきます。サツマイモは買取業者がいて確実にお金になるからです。
芋澱粉にしたり芋焼酎の原料になったりします。


もったいないなあ、と思います。
せっかく今、鹿児島県産の農産物を欲しい方がたくさんいるのに、と。


でも若い農業従事者は減少の一途をたどり、手間がかかる農作物はなかなかつくれなくなってきています。
しかも消費者は安いものを買い求めます。手間や付加価値を付けても市場では負けてしまうのです。
こうやって日本の農業は衰退していっているのだろうなあ、と肌で感じています。


日本全体の事を見ても同じです。

TPPの前に、「食べて応援」の前に、国に根本から農業政策を見直して欲しいです。
放射能の基準があるなら放射能検査に伴う費用の負担をすべて国や東電にして頂きたい。
なぜ被害者である農家が高い検査費用を出して検査しなければいけないのでしょう。
基準値越えで出荷制限があるなら最低保証ではなく満足できる保証をして欲しい。
汚染で耕せないなら新しい別の土地を用意して欲しい。

なぜ被害者が苦しい負担や生活を強いられるのでしょう。

もっと国を挙げて農業を守り自国の農業を元気にしていかないと
私たちの国から素晴らしい農業はいつか消えていってしまいそうです・・・。


かごしまんまの野菜は農薬や化学肥料を極力使用しないので、見た目も悪く市場のものより輸送に弱いです。
もしかしたらお手元に届く際に虫が一緒に眠っているかもしれません。
また、いまの季節はまだ風向きが悪く桜島からの灰もかぶっています。
すみません、丁寧に洗って食べてください。
見た目は悪いですが、穴が開いていたり形が悪かったり少し割れが入っていたりしても食べられます。
それでも低農薬、有機農業、季節のお野菜にこだわり続けます。
それが体にやさしい自然の恵みだと考えています。どうぞご理解、ご賛同くださいますようお願い申し上げます。
野菜にカビ・腐敗・凍結等ございましたら遠慮なくお申し出ください。

その他の商品も安全性とおいしさにこだわりぬいたものばかりです。
一般の商品よりも不格好なものばかり。
しかし全て添加物嫌いの私と避難ママみきちゃんが厳しい目と舌で選んだものばかりです。
ここなら安心して買い物ができる。
スーパーに並ぶ食品よりもちょっと高くなるかもしれない、でもこれが本当の食品の味。
そんなものをこれからもずっと変わらず提供し続けていきたいと思います。


株式会社 かごしまんま
山下理江(ツイッターID @riesea)

2013-04-02 14:31:12

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送日

5月1日(水)
13:00までの注文は
5月8日(水)発送
(出荷)予定です。


【営業時間】10:00~17:00
【定休日】土日祝日
【発送日】毎週火・金曜日
・火曜日発送⇒水曜日か木曜日のお届け
・金曜日発送⇒土曜日か日曜日のお届け

※ ご注文は各発送日の一週間前の火・金曜日13時に締め切りとさせていただきます。
(水曜日に発送がある場合も締め切りは1週間前の火曜日13時となります)

ページトップへ