• 鹿児島のおいしい日常食材をお届け
  • 九州野菜セット、九州食材、調味料取り扱い
  • 原材料表示、農薬をなるべく使わない、添加物、
  • 農薬、原料表示、放射能測定
  • 新鮮な旬の野菜をお届けします
 

かごしまんまだより

平成25年9月10日(火) かごしまんまだより(九州の旬を食べ続けるということ)


この度はご注文いただき、ありがとうございます。商品は無事に届きましたでしょうか。


9月のこの時期は夏野菜の収穫量が下がり秋野菜はまだ成長段階なので、鹿児島では生産者直売所でもスーパーでも九州野菜が本当に少なく価格も高いです。きゅうりやナスは1本で100円、ほうれん草や小松菜は1束で300円以上、しかも供給量がわずかで鮮度も見た目もよくありません。キャベツやレタスや大根、人参などの家庭のレギュラー野菜は北海道・群馬・長野・青森県産のみが店頭に並んでいます。なぜか鹿児島には西日本の野菜はあまり流通しません。そして地元野菜は芋類やゴーヤ、オクラ、栗、落花生などゴロゴロしたものばかりです。

お問い合わせでよく「葉物やキャベツ、白菜などを入れてください。」というご要望を頂きますが、南国の九州では夏に冬野菜はもちろん不可能ですし、葉物も育ちません。鹿児島の厳しい夏はそれだけ植物の生育にも過酷だということです。山東菜が今回の野菜セットに入りましたが非常に高い価格での仕入れとなりましたので11種類となりました。あと12週間もすれば葉物野菜も安く出始めます。ふんばりどころです。


311前まで私達はスーパーや宅配で様々な野菜を季節問わず手に入れることができました。産地や野菜の旬などほとんど考えずに食生活を送っていました。しかし「九州産の野菜を食べよう」となった今では、私達は食生活も九州のリズムに合わせる必要があります。特に九州でも最南端に位置する鹿児島や宮崎ではごく一部の高冷地以外では葉物や季節のずれた野菜はつくれません。これから冬にかけてはニンジンや玉ねぎがしばらく食卓から消えます。食材を九州にシフトさせるだけでなく、毎日のメニューも九州に合わせる必要性が出てまいります。

例えば夏はゴーヤがずーっと続きましたが、これからは里芋が続くと思います。本当に申し訳なく思います。なるべくさまざまな野菜をセットに入れるよう生産者も大変な努力をしています。しかしこれが鹿児島野菜の現状です。農薬をなるべく使わない安全で新鮮で安価な野菜はやはり旬のものでしかありません。強い日差しにも負けずに育つ野菜はどうしてもゴロゴロしたものや土の中のものになってしまうのです。どうぞご理解ください。


先週の台風通過で鹿児島もだいぶ涼しくなって参りました。あと1,2週間もすれば例年葉物野菜や秋野菜が出てまいります。キャベツや大根などももうすぐ。旬のお野菜を食べ続ける。慣れるまでは大変ですが、逆に慣れたら旬でない野菜があまりおいしくない事もわかってきます。さあ、共に頑張りましょう。

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送日

5月1日(水)
13:00までの注文は
5月8日(水)発送
(出荷)予定です。


【営業時間】10:00~17:00
【定休日】土日祝日
【発送日】毎週火・金曜日
・火曜日発送⇒水曜日か木曜日のお届け
・金曜日発送⇒土曜日か日曜日のお届け

※ ご注文は各発送日の一週間前の火・金曜日13時に締め切りとさせていただきます。
(水曜日に発送がある場合も締め切りは1週間前の火曜日13時となります)

ページトップへ