• 鹿児島のおいしい日常食材をお届け
  • 九州野菜セット、九州食材、調味料取り扱い
  • 原材料表示、農薬をなるべく使わない、添加物、
  • 農薬、原料表示、放射能測定
  • 新鮮な旬の野菜をお届けします
 

かごしまんまだより

平成27年7月31日 かごしまんまだより【ネオニコチノイド系を避けるには?】

【ネオニコチノイド系を避けるには?】

ネオニコチノイド系農薬は生態系に影響を及ぼす懸念があり、また収穫物への残留も懸念されているため、消費者としては放射能や添加物、遺伝子組み換え等とともに避けていきたいものの一つですね。

国や自治体にも禁止する方向に向かって欲しいですし、生産者さんにも使用して欲しくないと切に切に願っています。

しかし現実的には避けることがかなり難しい農薬であります。

ためしに、かごしまんま商品でネオニコチノイド系を避けてみましょう。

まず、『野菜セット』類は、市場から仕入れた農産物も13品種ほど入る為、避けた方が無難だと思います。

ぐるめ畑さんの野菜は以下のHPで栽培履歴が閲覧できますので、まずはご自身でぜひご覧になってそれぞれの農薬をネットなどで検索して調べてみてください。

http://gurubata.com/

例えば水菜は播種時に1回、ジノテフランという殺虫剤を使用しています。

このジノテフランという言葉でヤフー検索してみますとこれはネオニコチノイド系でした。

しかし播種時の1回散布以外は防虫ネットで完全密閉する事で害虫の侵入を防いで農薬を使用せず、鹿児島県地域比で8割減の減農薬栽培を実現しています。

ぐるめ畑さんのほうれん草とピーマンは無農薬です。

現在は収穫時期ではないため商品UPしていませんが、『丸かじり金柑』の丸山果樹園さんはダントツという殺虫剤を、前田いちご農園さんはモスピランという殺虫剤を、それぞれ数千倍に薄めて収穫の1か月以上前に散布しています。

ぐるめ畑さんも丸山果樹園さんも前田いちご農園さんも、「1回でも農薬を減らしていこう」と大変な努力と労力をかけて農産物を栽培している生産者さんです。

減農薬栽培を実現するためにこれらのネオニコチノイド系殺虫剤を使用しています。

また、かごしまんまの牛乳・乳製品・肉類・肉加工品・卵類の家畜の飼料の農薬使用状況は、追い切れません。

同じように小麦粉類、パン類、ジャム類、ドレッシング類、納豆・豆腐類の原料である大豆、米類、お菓子類の原料の米や小麦、麺類の材料の小麦、調味料の材料である大豆や小麦・麦・米などは、ネオニコチノイド系農薬はおろか農薬使用状況すら追えません。

よって不明なので、これらは全て避けた方がいいと思います。

結論としては、厳密にネオニコチノイド系を避けるには『無農薬栽培の野菜』か、『有機栽培の原料を使用した加工品』以外は全て避けた食生活にした方がいいようです。

残念ながらかごしまんまレベルではまだまだそれは実現できません。

有機栽培系の加工品を販売している会社は、鹿児島県の鹿北製油さん、徳島県の光食品株式会社さんなどがあります。両社ともにオンラインショッピングのホームページもあります。

かごしまんまとしては生産者さんやメーカーさんにネオニコチノイド系農薬の危険性をお知らせすることはできますが、使用をやめるよう要請することはできません。

農薬を変えることにより畑全体の農作物がダメになったり労力が倍増したり等のリスクの甚大な責任を背負う力がないからです。

生産者さんに「ネオニコチノイドや放射能や遺伝子組換え作物・食品添加物等をなるべく避けている」ということとその危険性を伝えられる時に伝えていく、つらく悔しいですがそれだけしかできないのが現状であります。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送日

5月1日(水)
13:00までの注文は
5月8日(水)発送
(出荷)予定です。


【営業時間】10:00~17:00
【定休日】土日祝日
【発送日】毎週火・金曜日
・火曜日発送⇒水曜日か木曜日のお届け
・金曜日発送⇒土曜日か日曜日のお届け

※ ご注文は各発送日の一週間前の火・金曜日13時に締め切りとさせていただきます。
(水曜日に発送がある場合も締め切りは1週間前の火曜日13時となります)

ページトップへ